美瑛

秋色の丘

  • まだ誰もいない早朝の畑に、朝霧がうっすらと流れて、静かに秋の気配が漂う。積まれた藁が今年の収穫の終わりを伝える。
  • ポテトの丘にて。真っ赤な夕陽をバックにシルエットが映える。
  • いつか写真で見たンダルシアの風景を彷彿とさせるような雄大なひまわり畑。まるで夢の中のような風景が手招きをした。 1998.10.11撮影
  • まっすぐに続くジェットコースターのような坂道が気持ちいい。 1998.10.11撮影
  • よく晴れた日は空がこのようなワイン色になる。釣瓶落としのごとく速い日没を夢中で撮っていた。
  • アンダルシアの風景を彷彿とさせるような雄大なひまわり畑。まるで夢の中のような風景が手招きをした。
  • クリスマスツリーの木と呼ばれる一本の木。根もとには牧草のロールが幹を支えるように置かれていた。
  • この丘の並木がお気に入り。同じ場所で朝日も夕陽も見ることができる。
  • 三愛の丘から遠く十勝岳を望む。斜めから差し込む夕陽がやさしい。
  • 三愛の丘にて。唐松林の向こうに、更に丘の木立が幾重にも重なる。
  • 唐松林に夕陽が差し込む。
  • まだ夜明け前。秋の高原は朝もやで何も見えない。

静寂の畑

まだ誰もいない早朝の畑に、朝霧がうっすらと流れて、静かに秋の気配が漂う。積まれた藁が今年の収穫の終わりを伝える。

まだ誰もいない早朝の畑に、朝霧がうっすらと流れて、静かに秋の気配が漂う。積まれた藁が今年の収穫の終わりを伝える。