作業の覚え書き

Web 制作 Memo

By

box-sizingプロパティ

身内からのLINEでこんなメッセージを受け取りました。

最近すごいやつ知った
box-sizing:borderみたいなやつ

なるほどなるほど。

CSS3 の box-sizing が便利すぎる!! !padding や border に依存しない width, height 指定

box-sizing – CSSレイアウトを学ぶ

box-sizing は魔法のコトバ!

というわけで「IEのみでしかWeb見ない人は残念なデザインで別に構わない」というサイトでぜひ試してみたいと思います。

By

SyntaxHighlighter Evolved

最近、ここにコードを書く機会が増えたので、さすがにSyntaxHighlighterを入れないときついな、ということで配布先を探したら、やはりそこはWordPress。ちゃんとプラグインがありました。

ということで、WordPress Collegeさんに詳しく説明されてる記事があったのでそちらを参考に。

【WordPress】綺麗にソースコードを表示する SyntaxHighlighter Evolvedの使い方(WordPress Collegeさん)

By

画面に雪を降らせる

画面に雪を降らせる方法に関するメモ

情報源はこちら↓
初心者でも簡単!ブログに雪を降らせる方法まとめ(Naifixさん)

1.CSS

http://www.tutsgeek.com/jquery-christmas-snow-animation-effect/
CSS Snow Effect

2.JavaScript
snow.js
雪を降らせるJavaScript(atokalaさん)

iPad、iPhone、Androidは動作が重くなるため無効にしております。
どうしても動かしたい場合はsnow.jsの223~225行目を削除してください。

とのこと。

Snow Particle

3.jQueryプラグイン
配布サイト
JQuery-Snowfall
http://www.hp-stylelink.com/news/2014/10/20141007.php

使い方
ページに雪を降らせよう!『JQuery-Snowfall』の使い方(Web制作会社スタイルさん)

By

CSSで画像をトリミングする

div.trim img {
position: absolute;
clip: rect(10px, 210px, 100px, 100px);   /* 右上 y,x 左下y,x */
margin-left: -100px;
margin-top: -100px;
}
div.trim {
position: relative;
width: 200px;
height: 200px;
}


<div class="content">
<div class="trim"><img src="http://studiocue.jp/note/wp-content/uploads/2013/01/015.jpg" alt="" /></div>
</div>

By

Webフォントを使うための設定

参考:日本語フリーフォントをwebフォント化する4ステップ|hirok-k.com

  1. 日本語フリーフォントを探す
  2. フォントのライセンスを確認
  3. webフォントファイルを作成
  4. CSSの指定

By

Copyrightの年度を自動更新

自分用メモ。

Copyright の年度をPHPで自動更新。


Copyright &copy; <?php echo date("Y"); ?> YUKI All Rights Reserved.

PHPが使えるかどうか未確認の環境用
Copyright の年度をJavaScriptで自動更新。


Copyright &copy; <script type="text/javascript">// <![CDATA[
document.write(new Date().getFullYear());
// ]]></script> All Rights Reserved.

By

HTML5マークアップ

今さらながらHTML5をきちんと理解しようと思い、資料を探して再勉強。
コーディングをしながら、謎に思っていたことがいろいろわかってきた。

空要素の文末</>はあってもなくても構わないが、統一する。(紛らわしいし、気持ち悪いよね)

・html要素の指定

<html lang=”ja”>

・文字エンコーディングの指定

・スタイルシート読み込み

・JavaScript読み込み
例:html5をIE8以下に対応
<!– [if lt IE 9]>
<script src=”html5shiv.js”></script>
<![endif]–>

・header、footer、navなどの要素が独立、divで囲む必要がない。

・a要素でブロック要素を囲むことが可能。
<div>
<h3>タイトル</h3>
コメント

</div>
■セクション
・サイトヘッダー → header
・主要なナビゲーション → nav
・メインコンテンツ → article
・ンテンツヘッダー  → header
・メインコンテンツ内のセクション → section
・右カラム → aside
・バナーエリア → aside
・サイトフッター → footer
・フッター内コンテン → section
・コピーライト → smal

・セクションを明示する場合はすべての見出しをh1で書いてもOK。
・見出しはセクションの中に入れる
・古いブラウザではセクション要素はインライン表示になるのでdisplay:block指定する

■新しい要素

・time
日時や期間、タイムゾーンのオフセット
<time>10:00</time>
<time datetime=”10:00″>予約時間</time>

・figure
メインコンテンツから参照されるイラスト、図表、写真、ソースコードなど
※バナーやロゴなどは aside
・mark
ハイライト。検索結果表示など。

・main
1文書につき1カ所しか記述できない。
articleやheaderなど他の要素の中に入れることができない。

 

参照:
HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド