• Home
  • Essay
  • 厚田村ー留萌 日本海側をドライブ

厚田村ー留萌 日本海側をドライブ

厚田村にて

どこまでも続くオフロード

鶴瓶…いや釣瓶落としのごとく落ちた海の夕陽

エアーズロック…じゃないって!黄金山

実はけっこうお気に入りの場所。
美瑛のように観光地化してないので、誰もいない場所での〜んびりくつろぎながら写真を撮ることができるのがいい。
人があまりいないだけに、以前、廃タイヤの不法投棄で問題になった土地でもあるのだが…
最近はちょっと、リゾートとして売り出され、人気上昇中だったりして、ぼちぼち別荘とかコテージが建ってるんだけど、まだまだ静かなもの。
国道からそれてオフロードに入り込むと、巨大迷路の中を走っているような雰囲気の不思議な場所ばかり。
厚田村が好きな写真家の方から、札幌に来てすぐの頃に「行ってくるといいよ」とすすめられて行ってみたのがきっかけで、海が見たくなると車を走らせていたりする。

牧草ロール

厚田村周辺は、牧草ロールの宝庫だ。
幹線から農道を入っていくと、至る所にこのような風景が広がる。
あまりにも大地と空が広大すぎて、いつも空と大地の比率配分に悩むのだった。

四葉のクローバーと風車

被写体が右なのは…じゃがいも畑を入れるとこう撮るしかないっていう立地条件のなせる技。
これが欲しいって言ってる人がいるらしいんだけど、一基1000万ぐらいするらしい…

このような風力発電の風車は、留萌の黄金岬の近くで見かけたのですが、厚田村からオロロンラインをどんどん北上していくと、苫前町などで、たくさんの風車が見られる。
オトンルイ発電所の一直線に並んだ風車を見ることもできる。

2004.07.04