• Home
  • Essay
  • インターネットとパソコン

インターネットとパソコン

Web制作に関して、少し勉強せざるを得なくなったので、久々にweb関係のファイルを開いているうち、なんだかぶつぶつ独り言を撒きたくなった。
インターネットがここ最近ぐっと身近なものになって、とても助かっている。
航空チケット、空港から先の交通アクセス、行き先の情報、バスや列車の時刻表…。今更ながら、つくづくありがたいなーと思う毎日である。おまけにパソコンが一家に一台とかいうレベルにまで普及したおかげでパソコンおたくとかいう表現は死語となった。

でも、「この人にこそパソコンを使って欲しい」という人がまだソッポを向いていたりする。
私の母も「パソコンなんて」と後込みしている。
一緒に住んでいたころ、何かと字を書く際には私に申しつけていた母(私もかなり悪筆なのだが)。
この母にこそ、ワープロを覚えてもらいたいな〜なんて思うのだ。でもって、知人の父は書道師範の資格を持つ程達筆な人なのだが、実はワープロソフトなんかを使っての文書作成もこなせるので、手書きでもワープロでもOK。
天は二物を与えずとは大嘘だと思う私である。
巷では中高年の方がこぞってIT講習会で一生懸命パソコンを覚えて、新しい事が登場するたび歓声を上げている。見れば母より上の年代ではないか・・・。

先日手芸の図案をエクセルを使って描くというアイディアを知って目から鱗が落ちた。
発案者は年輩の女性だった。
セルの幅を縮めて方眼用紙にしてしまうという発想は見事だ。
母にもぜひパソコンを自分なりに使う楽しみを知ってもらいたいものだと思った。   2001.11.23