• Home
  • Essay
  • 変化するもの・変わらないもの

変化するもの・変わらないもの

好奇心旺盛だと自分でもよく思う。
言うなれば、未知なるものへの好奇心ってやつ。
近頃では「新しいもの好き」とも言うかも知れないけどね。
たとえば自動販売機で新しい飲み物を見つけたら・・?
おそらく私の場合、嫌いなものでない限り、嬉々としてボタンを押すに違いない。
こんなふうだから「げっ、失敗したぁ」なんて事も多々。
(失敗したことも忘れて、またこの「げっ」を味わった事が・・・)
それでも、好奇心は止まないのであった。

反面、時の流れに左右されないものに、何かしら気持ちが落ち着く。
写真のコーナーにもありますが、白川郷がとても好きで、よく行く。
勿論、いつまでも全く変わらないというわけではないけど、以前訪れた場所を探し当てたとき、まるで写真の中にタイムスリップしたかのように、同じ風景が目の前に広がって、なんともいえない嬉しさで一杯になった。
さて、これからどんな土地に住み着こうか、思案し続けている。
ほどほどに便利で、そこそこ自然があって、働く場所もある所。
果たして、そんな都合のいい土地があるのだろうか・・・?

1997.04.05